胃は逆流性胃炎で、大腸は便秘と下痢の繰り返しで、内視鏡の検査を受けることに。

私は今は逆流性胃炎でクリニックに通っています。
胃は最初は急性胃炎から慢性胃炎になり、ここ最近は逆流性胃炎です。
最近の症状は落ち着いていますね。月に1回胃の薬をもらっています。
それを飲んでいればそれほどのげっぷも収まっています。
そのため胃の方は1年に1回、内視鏡の検査です。

ここのクリニックは内視鏡の検査の権威です。
胃と大腸の検査を毎年1万5千件以上やるとか。
これはもう大学病院なみだと宣伝しています。
ホームページも充実していて、先生は東大だと。
その先生を頼って遠く小田原からも新幹線でやってくるほどです。

私はそろそろ胃の内視鏡の検査ですねと、先生に言われて予約することに。
すると看護婦さんと相談して4月が空いていると言われ、それに予約しました。
毎年4月は空いているので、穴場なんだと。
それと長年、大腸の検査をやっていなかったので、ついでに見てもらうことのしました。
ここは胃の方は鼻からの検査です。そのため検査でけほけほすることがないのです。
大腸と合わせてやって、20分くらいで終わります。

ただ大腸の検査でいやなのは、下剤を飲むことです。
夜中に何回もトイレに行って、お尻の穴が痛くなってしまいます。
そこで今度は3日前から下剤を準備してくれました。
当日の前の晩はうどんです。消化のいいものをと言われていました。
夜9時に下剤を3種類飲みました。
そしたら夜中の2時ころから効いてきて、下痢になってきました。
しかしなかなか言われているような水便にはなりません。

その後、朝の5時にマグネシューム系の下剤を水に溶かして飲みました。
それを飲んでもなかなか水のような便にはならなかったです。
朝の予約は9時半でした。8時後半のバスでクリニックに行きました。
それで受付で水便にはなっていないと、いいました。
するとすぐにトイレに行けと。それで具合を見てくれました。
するとこれでは駄目だと。何か処置をしましょうと。
また下剤の飲み直しです。
どのように下剤を飲みましたかと聞かれました。
1800ccの下剤を最初は3杯のみ、また寝て2時間かけて全部飲みましたと。
それでは駄目なのだと。下剤は2時間かけてちびりちびりとのむのだと。
それだと寝ていられませんねというと。そうだと。5時に起きてちびりちびりのむのだと。
そうしないと効いてこないのだと。
事前にそのようなことは言われませんでしたね。

そのため廊下の別室に座って2時間かけて飲みなおしです。
催し多々その都度看護婦に知らせてくれと。
私も何回かトイレに行き、その都度ナースコールです。
約2時間近くかかって、やっと水のようになり、OKがでました。
もう12時近くになっていました。
大分今回は時間がかかったと思いました。

その後はいつもの内視鏡の検査です。
これはいつもながらスムーズにいきました。
半分眠っているうちに終わりました。
その後すぐに先生の話です。
患者さんはあまりいませんでしたので、すぐに話になったのです。
今日は朝は大変でしたねと。結果は両方とも往来だと。
これに歯助かりました。詳しい検査の話は次の診察日に、いつもの先生から行うと。
今日はお疲れ様でしたと、終わりました。

私は大分疲れたと思いました。
後は昼食は3時以降に消化のいいものを食べてくださいと。
その後会計をすぐに済ませました。
帰りにコンビニによって、梅かゆを2袋買って、またバスで帰りました。

帰宅するとカミさんが大分時間がかかったねと。
実は下剤を飲みなおしたのだといいました。
すると事前の説明をきちんときいていないのでしょうと、言われてしまいました。
この次は注意しようと思いました。

今日は、家にあるお椀を割ってしまいました。

今日は、家にあるお椀を割ってしまいました。本当はそんなはずではなかったのですが、今日はお椀にお昼ご飯をよそったんです。そしたら手が滑って、割ってしまいました。私の家は床が固いので、落としてしまったらそれでおしまいです。この間も子供にコップを割られました。なんということでしょう。私の家は何かに呪われているのではないのか、と思いました。ただ、今回は私がいけなかったことなので他人のせいにはせずおわんにごめんねとだけ言っておしまいにしました。それから、お椀をまた買わなければならないのですが今度は耐久性に優れたものにしようと思っています。そうしないとまた今日みたいなことになりかねませんので。困ってしまいますよね。これからは自分もしっかりしなければならないと同時に、床にマットを敷いて今日みたいなことが起こらないようにしようと思います。寒くなってきたのでマットを敷いて寒さもしのごうと思います。皆さんのお家ではどういった敷物を敷いていますか?