値札はよくよく確認しないと、よく間違えている

スーパーで食品を買い物すると、レジ会計の際その金額に「あれ?」と思うことがよくあります。
たいていは、思ってた金額より高かったということが多いんですけど。
いまのレジはバーコードなので、レジ店員さんの打ち間違いは基本的にありません。
せいぜい値引き打ち忘れぐらい。
金額が思ってたのと違うというのはいくつか要因があります。
一番多いのは、POPの間違い。
特に野菜・果物は、商品に値段のラベルが貼られていないものが多く、POPで値段を確認するしかありません。
そのPOPが間違っているということがけっこう多いんです。
これは困りますよね。買う方はPOPで値段を確認するしかないんですから。
もちろんレジで気づいたら指摘しますが、たくさん買い物した際は気づかずに、家に帰ってレシート確認して気づくこともあります。
そういうときは面倒なのでもう返品には行きませんけど、スーパーにいい印象をもたないことは間違いないです。
何度かこういう値札の間違いを経験してからは、よくよく確認して買い物するように心がけています。サンスター 粉末青汁